Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

イベント

お彼岸におはぎや牡丹餅をお供えする理由と違いやマナーをご紹介

投稿日:


スーパーでおはぎを見ると、
「もうお彼岸だなぁ」をいう気分になります。

それぐらい「おはぎ」や「牡丹餅」は
お彼岸の定番的なお供え物として広く認識されていますよね。
 

でも、なぜおはぎや牡丹餅は
お彼岸のお供え物としてこれほど普及しているのでしょうか?
 

そこで今回は、

お彼岸に「おはぎ」や「牡丹餅」を食べるようになった理由と
その食べ方の違いについてお話したいと思います。

スポンサーリンク
  

お彼岸にはおはぎや牡丹餅をお供えするのはなぜ?

なぜ、お彼岸におはぎや牡丹餅をいただくようになったのでしょうか?
 

始まりは、江戸時代ごろのようですが、理由には諸説ありまして
 

まず、あずきの赤色には、
災難が身に降りかからないよう、厄払いの力あると信じられていて、

その厄払いの力としての信仰が、
そのまま、先祖の供養と結びついたとも言われていますし
 

仏教の世界では、彼岸は、「彼の岸として悟りの境地」と言って、
苦しみに満ちている此岸(しがん)の反対の世界。

つまり、私たちの住んでいる世界と対になる言葉として使われています。

そこで彼岸中は仏道の修行に励むようになる訳ですが、
その修行中の自分自身の得を積むために、おはぎや牡丹餅を先祖に捧げていたようです。
 

それと、春の彼岸は農作業が始まる時期で、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。

そこで、

春には収穫をもたらす山の神などを迎えるためぼたもちを、
秋には収穫を感謝して、おはぎを作ったとも言われています。

 

このように、ハッキリとした理由までは
確信できないのですが、

この時代に、民衆の習慣から
お彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。
 

「おはぎ」と「ぼたもち」の使い分けとその理由

お彼岸におはぎや牡丹餅を
食べるようになった理由についてお分かりになったと思いますが

実は、春のお彼岸と秋のお彼岸で
いただく方が違うことはご存知でしょうか?
 

先に答えから言ってしまいますと

のお彼岸には「牡丹餅」
のお彼岸には「おはぎ」

をいただくのが習わしとなっています。
 

いったいどうしてでしょうか?

それは、おはぎや牡丹餅の
”あん”の材料である小豆の収穫時期に関係があるんです。
 

スポンサーリンク

実は、おはぎと牡丹餅は、大きさなど多少の違いはありますが
原料や作り方は、ほとんど同じものなんですね。

違うのは、食べる時期なんです。
 

なぜ、そうなるかといいますと

秋は、小豆の収穫期とほぼ同じで、
とれたての柔らかい小豆をあんにすることができます。

そのため、皮もまだ柔らかいので、
皮ごと一緒につぶして作るので、”つぶあん”ができます。
 

春の場合は、
冬を越した小豆を使うことになりますから皮は固くなっています。

当然、固くなった皮をそのままに使ってしまうと
食感が悪く食べにくいので、皮を取り除いた小豆を使ってできたのが”こしあん”です。
 

それで、牡丹餅は、こしあんで春に食べ、

おはぎは、粒あんで秋に食べるのが当たり前だったのですね。
 

そして、それはお彼岸でも同じことで、
春は牡丹餅、秋はおはぎが、当然だったんです。
 

ただ、現在では保存技術の発達や品種改良で
春でも皮のまま使うことができる小豆がたくさんあります。
 

だから、もう無理に分けなくても

こしあんだろうと粒あんだろうと
どちらを、いただいても良いのではないかとも思います。
 

でも、春のお彼岸にはこしあんのぼたもちを、
秋のお彼岸には粒あんのおはぎをいただきながら

季節の風情を感じながら食べるのも、またよいですよね。
 

お彼岸にお墓でお供えする際のマナー

お彼岸のお墓参りの時、
お花や線香と一緒にお菓子など食べ物をお供えする場合、

おはぎや牡丹餅でもそうですが、

そのまま、置いて帰ると、
カラスなどが食い荒らしたりしますので

帰りの際に、食べ物は下げるようにしてください。
 

そして、下げた食べ物は家までは持って帰らず、
その場にいらっしゃる方達と一緒に食べてしますか、

帰りの途中で、いただいてください。
 

これには、理由があって

お供え物や飾りは故人のためのものですから
それを家に持ち帰ったりすると、それを取りに戻ってくる

と、考えられている風習があるので
 

お供えした食べ物を取りに戻って来ないように
家に帰りつく前には無くしてしまっておきましょう。

ということなんです。
 

戻って来ないようにとは残酷なようですが、
ちゃんと良いところへ行って迷わず成仏して欲しいとの願いが込められたものです。
 

まとめ

お彼岸のおはぎにまつわるお話

ご理解いただけましたでしょうか。
 

お彼岸に限らず、
昔からある風習というものは

昔の人々の、信仰や経験や環境などから
深い考えがあって、今に伝えられていることがほとんどです。
 

その風習を詳しく知ることで
あなたの行動は、ただの行動ではなくなって

より、尊いものになると思いますので、
お彼岸の際には、ご先祖を御供養して喜ばせてあげたください。

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イルミネーションを自宅で簡単に!初心者向けのソーラーライト5選!

今年から、自宅でイルミネーションを始めようと考えている人も多いと思います。 きっと、あなたもそうですよね。 でも、いざ始めようと思っても「家の外壁にコンセントが無い」とか、「電気代がいくらかかるか分か …

大分で紅葉をライトアップしてる所は?夜のもみじ狩りおすすめ3選!

こんにちは 夏の暑さも去って、すっかり涼しくなってきました。 夜なんて、もう肌寒いくらいですもんね。 これぐらいの季節になると、 紅葉が楽しめるシーズンになってきます。   紅葉は昼に行って …

七五三の初穂料の相場は?ふたり一緒の場合と渡すタイミングもご紹介

もうすぐ七五三ですね。 七五三で立派な衣装を着た我が子を見ると、いつもは手をやいてばかりで腹立たしいこともあるでしょうけど「大きくなったなぁ」なんて嬉しくなっちゃうもんです。   ところで、 …

佐賀バルーンフェスタを子連れで楽しむなら?おすすめの日程をご紹介

秋に行きたいイベントとして、佐賀のバルーンフェスタを考えていますよね。 佐賀のバルーンフェスタは世界的にも大きいバルーンの競技大会で、 参加するバルーンの数はなんと約150機以上なんですよ! 昨年の2 …

自宅のイルミネーションが迷惑にならない為の点灯時間や飾り方とは?

冬になり、クリスマスが近づいてくると街の街路樹がイルミネーションで華やかに飾られますよね。 仕事帰りに見るイルミネーションはとても癒されるものですね。   最近では、ご自宅でもイルミネーショ …

最近のコメント