Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

イベント

【2択です】敬老の日に大嫌いな姑にプレゼントを贈るなら?

投稿日:


姑のことが大嫌い!!

でも、敬老の日には毎年
頑張ってプレゼントを贈っている。

そんな、あなたはすばらしいです!
 

でも、姑さんが喜んでくれて納得できるプレゼントを贈るのって難しいですよね。
 

「今年は、いったい何を贈ろうかしら?」

と、悩んで憂鬱な日々を送っているのではないでしょうか。
 

そこで、

大嫌いな姑ででも納得してもらえる
敬老の日のプレゼントはどうすればいいか

を話してみたいと思います。

是非、参考にされてください。

スポンサーリンク
  
 

敬老の日だけど姑のことが大嫌い!

結婚した年から毎年
敬老の日もプレゼントを贈っている。
 

でも、贈っても

ありがとうの言葉ひとつすらなく、
それどころか、センスが合わないと文句を言ってきたり

しまいには、「レシートがあればほかの物に交換してもらえないか?」
と、言ってくる始末。

だからといって、あなたの誕生日に何かくれたことがあるわけでもない。
 

こんな姑の非常識な行動に腹が立ってしかたない。

あなたは姑が大嫌いですよね。
 

でも、考えてみてください。

あなたは、大嫌いな姑にプレゼントを贈っているのです。

”大嫌いな人にプレゼントを贈る”そんなおかしなことをしているのです。

普通は大嫌いな人にプレゼントはしませんよね。
 

そのおかしな行動は

いただく側の姑にとってもおかしく受け止められます。

「私のことを嫌いな人がくれるプレゼントが私のことを想って贈ってくれている訳がない」

となっちゃいます。
 

なので、

[あなたが選んだもの] = [ろくなものではない]

のような考え方になってしまうんです。
 

何が、言いたいかといいますと、

あなたの考え方やセンスなど、
あなたの”色”がプレゼントに感じると

反射的に、”良くない物”に見えるわけです。
 

「じゃあ、プレゼントを贈ることはできないじゃん!」
と、思われると思いますが

逆に考えると、あなたの色が出ないものが、
プレゼントに向いているといえることになりそうです。
 

敬老の日に姑にプレゼントするなら?

洋服であれ、バッグであれ、花であっても

あなたが選べは、
それは、あなたのセンスで選んだもので

あなたの”色”が見えてしまいます。
 

では、どんなものであれば良いのでしょうか?
 

スポンサーリンク

一番おすすめなのは「お金」です。

お金は誰が見ても同じものですし、同じ価値になります。

日本中の人が同じ物として見てくれるものですから
そこに「あなた」のセンスは関係ありません。
 

なので、いただいたとしても使い方に困ることはないし、
どこかに収納しておく必要もなく

姑の好きなように使えば良いのです。
 

もし、現金が渡しにくいときは、商品券でも良いと思います。

これなら、大嫌いな姑に
あとから、ぐちぐち文句を言われることも考えにくいので

敬老の日に贈るプレゼントにピッタリといえますよね。
 

ただ、中にはプレゼントの内容ではなく
あなたの”考え方”に苦言する姑もいるかもしれません。

例えば、現金や商品券だったら
「金さえ渡しとけばいいと思ってる」なんて事、言ってくる姑
 

姑とのお付き合いをしていて
もし、上記のような姑ではないかと思えるフシがあるなら・・・
 

敬老の日のプレゼントは旦那に頼む

もし、現金や商品券をプレゼントしても文句を言うであろう姑の場合。
 

その不満は、物を見て判断する前から
あなたになんとしても、文句を言いたい!!

そういった感情から、発言されていると思います。
 

その場合は、
あなたからは何も渡されても無駄なので

旦那さんから渡してもうようにされるのがいいと思います。

しかも、選ぶのも、持って行くのも、全て旦那さん。
 
旦那さんが「俺の見立てだから」と言って姑に渡してもらえば
実の息子が選んだものですから、何も言わないでしょう。
 

あなたは、自分で渡さないことで
カドが立つのでは?と不安になるかもしれませんが

もともと、不仲なんですから
旦那さんに頼んで、とりあえずでも義理を果たせた方が

姑に会わずに済んで、なおかつ、「敬老の日のプレゼントが無かった」など、

文句も言われずに済みますから、
あなたのストレスも軽減するというものです。

 

まとめ

どうでしたか?

敬老の日のプレゼントが、
これでクリアできそうなら幸いです。
 

姑からの苦言に腹が立ち
プレゼントを止めようと思うこともあるかもしれませんが、

あなたも将来はお姑さんや、
義理母になる可能性があるのでしたら

辛い状況でも、節を通した方が良いと思います。
 

そのあなたの姿を見て、
お子さんも何かを感じ取ることがあると思いますよ。
 

お見舞いとか、贈り物とか・・

そういうものは、
真摯にやっている人の姿をみて

家族が学び取って行くという面もあるように思えますよ。

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

江ノ島花火大会は有料席の購入はどこで?発売日と金額と場所を紹介!

湘南の秋の風物詩ともいえる「ふじさわ江ノ島花火大会」 テーマパーク以外で、10月に行われる花火大会なんてめずらしいですよね・   しかも、この時期の花火大会としてはめずらしく、 内容も豪華で …

トレッキング初心者さんへ!靴の選び方を知って足の痛みを改善しよう

最近、本格的な登山とまでいかないけど、日帰りで行けるぐらい山を登るトレッキングが流行っていますね。 トレッキングは年間通して楽しめるスポーツですけど、とくに紅葉のシーズンは女性を中心にトレッキングに参 …

お彼岸におはぎや牡丹餅をお供えする理由と違いやマナーをご紹介

江ノ島のイルミネーションが混雑する時期や時間帯は?車で行くなら?

江ノ島といえばサーフィンですよね。 サザンオールスターズの歌の歌詞でも、よく出てきて夏の海のイメージがとても強いです。   でも実は、江ノ島は冬になると、今度は素敵なイルミネーションが開催さ …

お中元とお歳暮って違いはあるの?どこまで贈るものなの?両親へは?

こんにちは、今日は私と友人の会話から、 ふとした疑問がわいたので、そのことについてお話してみようと思います。 ある日、友人と話していて、 友人が、両親から「お中元まで贈らなくていいからお歳暮だけでいい …

最近のコメント