Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

【1日分の野菜?】野菜ジュースでホントに栄養は摂取できるの?

投稿日:2017年7月3日 更新日:

忙しい現代社会人

忙しい毎日

1人暮らしで、ご飯を作ってくれる親がいる訳じゃないから
お弁当はいつもファストフードか惣菜コーナーのお弁当に頼りがち。

でも、美容や健康にも気を使いたいから食事に野菜も取り入れたい

けど、そんな時間もなかなか取れませんよね。
 
そんなとき、野菜不足を補うために、
移動しながらでも、野菜を摂ることができるのが野菜ジュースですよね。
 

でも、野菜ジュースって本当に野菜の代わりになってるのでしょうか?

「1本で○○分の野菜が摂れる」とか「1日分の野菜がこれ1本でOK」

こんなキャッチコピーを見ると、これを1本、毎日飲めば野菜は足りているように思えます。
 
それに、野菜ジュースなら
他の炭酸ジュースを飲むよりは何となく体に良さそうというイメージもありますよね。
 

そこで、野菜ジュースは本当に野菜に含まれている栄養を摂れるのか?

野菜ジュースを愛飲しているあなたのために、調べてみましたので参考にしてみてください。
 

スポンサーリンク

1日分の野菜が摂れるのはホント?

先ほども、ちょっと触れましたが

「1日分の野菜がこれ1本でOK」などをキャッチコピーとして
パッケージに書いているのは見たことあると思います。
 

実はこれ・・・

本当なんですけど、とらえ方によってはウソにもなります。
 

なぜ、こんなややこしい言い方をするかといいますと

実は、厚生労働省が推奨している1日で食べて欲しい野菜の量が350グラムなんですね。

そして、「1日分の野菜」なんて表現の野菜ジュースは

この1日に食べてほしい”350gの野菜”を原料にしてジュース1本を作りましたよ。
という意味なんです。
 

だから、「1日分の野菜」と表現しているのです。

まぎらわしいですけど、ウソではないんですよね。
 

でも、あなたは、「1日で必要な栄養分が摂れる」と思ってませんでしたか?

私はこれを知って・・・ダ・マ・サ・レ・ター

と、ショックでしたよ(泣)
 

念のため、もう一度言っておきますが

1本飲んでも、1日に必要な野菜から摂れる栄養分が摂取できるわけではありません!

誤解しないようにしてください。
 

野菜ジュースに含まれていないもの

ここまでのお話で、野菜ジュースには

1日分の栄養分が入っているわけではない事が分かっていただけたましたよね。
 

でも、1日分の栄養ではないにしろ、
野菜に含まれている栄養素が入っているのは確かなんです。

なら、ジュースになっているだけで
ニンジンならニンジンの、カボチャならカボチャの栄養素は問題なく摂れそうですよね。
 

でも、これがそういう訳ではなく

野菜に含まれている栄養素の中には、
野菜ジュースにされる行程で失われやすい栄養素もあるんです。
 

失われやすい栄養素は、大きく2つあります。

ここでは、その2つの栄養素について見てみましょう。
 

失われやすい栄養素1:「ビタミンC」

野菜ジュースのパッケージを見てみると、含まれている栄養素が書かれています。

見たことありますか?

ちょっと、見にくくてすいません。

ちなみにこれは、「野菜生活100」という野菜ジュースの成分表です。

かなり多く栄養素が含まれていますね。
 
でも、多くの栄養素が入っているように見えますが、
残念ながらこれが、本来、野菜に含まれている栄養素全てではないんです。
 

野菜ジュースは一般的に濃縮還元という方法で作られてるんですね。

この方法は、製造過程で野菜にが加えられます。
 

野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維など、豊富な栄養が含まれいるんですけど
その成分の中に、加熱されることで失われやすい成分があるんです。

スポンサーリンク

それは、熱に弱い性質のあるビタミンCです。
 

先ほどの「野菜生活100」もそうですが、ビタミンCは含まれていませんよね。

野菜ジュースの多くは、ビタミンCは含まれていないか、
もしくは少なくなっています。

逆に、しっかりとビタミンCが含まれているものは

加熱せずに作られたジュースか、
あるいは、後からビタミンCを添加されたものと思ってくさださい。
 

ここで、朗報です!

ビタミンCは、確かに野菜に多く含まれる栄養素なんで
入ってないと残念な気持ちになりますけど

実は、ビタミンCは入ってないからとって、そんなに残念に思う必要はないようですよ。
 

ビタミンCは、野菜ジュースから摂らなくても

ハムやベーコンや海苔など、他にも含まれている食べ物が多く、
野菜以外の食材から摂ることができるので

本物ぼ野菜を食べていないからといって、ビタミンC不足になる訳ではないようです
 

失われやすい栄養素2:食物繊維

そして、もう1つの失われやすい栄養素が食物繊維です。

野菜ジュースを飲むと、
「何となく食物繊維が摂れてお通じがよくなりそう」とか思えるんですけど

実際は、ほとんど入っていません。
 

その理由は、ビタミンCのように加熱するから失われるとかではなくて

食物繊維が多く含まれていると、ドロッとしてしまって、
ジュースとして飲みにくいから取り除いているんだそうです。
 

食物繊維はお通じを良くしたり、
血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあるのですが

残念ながら、野菜ジュースでは野菜と同じような食物繊維の摂取は期待できないようです。
 

メーカーさんも、いくら栄養満点の野菜ジュースを作っても
売れないと困りますから、仕方ないといえば仕方ないのかなぁ・・・というところです。
 

野菜ジュースの上手な飲み方

ここまでのお話しで、野菜ジュースを飲むだけでは

本物の野菜を摂ることと
同様にはならないことが、お分かりいただけたと思います。
 
それなら、野菜ジュースをどのように活用するかなんですが・・・
 

例えば、忙しくて食事を市販のお弁当やファーストフードに頼りがちになると
どうしても野菜不足になりがちです。

そんなときの補助食品として野菜ジュースを摂るのは、お手軽だし有効ですよね。
 

それに、野菜ジュースには必ず栄養成分と原材料の表示があります。

その原材料の表示は
使用している量の割合が多い順に上から表示がされているので

緑黄色野菜が足りないなと思えるなら
緑黄色野菜が、上の方に表示されているジュースを選ぶとか。

野菜ジュースが持っている栄養素で、
足りない部分を補充するような活用法が良いと思います。
 

それと、栄養の吸収のことを考えたら

食事の前に、野菜ジュースを飲んでおくと、
その野菜ジュースに含まれている栄養が効率よく吸収できるので良いと思いますよ。
 

最後に、普段飲んでしまっている炭酸飲料などのソフトドリンク類を
野菜ジュースに換えるとか。

そんな感じで野菜ジュースを活用できれば良いのではないでしょうか。
 

まとめ

結論として、やはり本物の野菜を摂りたいですよね。
 

食物繊維の摂取が難しいこともありますし、
それに、本物の野菜はジュースと違って”かんで”食べます。

このかむという行為が唾液をどんどん出して、
消化を助け血流をよくするのに役立っています。
 
なので、野菜を食べるということは、
単に栄養を摂るではなく他にも体を健康にする働きが多くあるということです。
 

でも、忙しい日には野菜をほとんど食べれないこともありますよね。

それに、美容や健康のためとはいっても
毎日何種類もの野菜を継続して食べるのも難しいですよね。
 

そういったときに、
野菜ジュースで栄養バランスを底上げしてあげるというイメージで活用しましょう♪

スポンサーリンク

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【逆効果!】コーヒーは眠気を誘うかも?目が覚める飲み方知ろう!

眠気覚ましに、どんなことをしますか? 試験の直前に、勉強していて眠くてしかたがないとき・・・ あなたは睡魔とどう戦いますか?   もしかして、条件反射のようにコーヒーを飲んでいませんか? で …

【朝?夜?】ダイエットに期待できるジョギングする時間帯は?

ジョギングを始めたいけど 美容や健康に 多大なメリットをもたらしてくれるジョギング。 ジョギングブームもあって 女性ランナーをたくさん見かけるようになりましたね。     でも、今 …

ポテトサラダで食中毒になる原因は?細菌との関係と対策方法を紹介!

日本は、海に囲まれた島国ですから、どうしも湿度が高く蒸し暑い日が続きます。 そんな季節に注意したいのが食中毒ですよね。   特に最近では、集団発生した「ポテトサラダの食中毒事件」が頻繁に報道 …

【腹式呼吸ダイエット】息だけで痩せるそのやり方をご説明します

呼吸を意識したことありますか? 私達は、呼吸をすることに とくに意識して 行っていることはないのですよね。 「今、息を吐いた~」「今、息を吸った~」など 考えながらしていません。   &nb …

子供がご飯を食べないで吐いてしまった!原因は病気なの?【体験談】

こんにちは。 私には、4才と1才の息子がいます。   最近、4才の息子がご飯を食べなくなったんです。 なんとか食べさせるようと、色々と思考錯誤してみたんですけど、 いっこうに食べる量は増えず …

最近のコメント