Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

趣味

【熱帯魚を飼いたい!】初心者におすすめの水槽サイズはどれ?

投稿日:2017年6月11日 更新日:

さあ、熱帯魚を始めよう!


熱帯魚は犬や猫のように騒がないし

頻繁にエサをあげなくても
そう簡単には死にません。

感情が無いようで

ちゃんと躾をしてあげれば
そこそこなつきます。

それに、泳いでいる熱帯魚を
見るのは、とっても癒し効果があるのです。
 
 
それが、熱帯魚の魅力です。
 
 
動物禁止のアパートに住んでるあなたも
熱帯魚なら、大家さんから怒られることもありませんよね。
 
 
でも、熱帯魚って
どうやって飼ったらいいのか分からないですよね。

・「餌ってどんなのを何回やればいいの?」
・「水って交換が必要なの?」
・「プクプク空気が出るやつは必要なの?」

 
 
と、さまざまな疑問が浮かぶとは思いますが
 
熱帯魚を飼うには
当たり前ですが水槽がないと始まりませんよね。
 
 
でも、水槽って、サイズが沢山あって
初心者には、どのサイズの水槽が良いか迷っている人も多いと思います。

そこで、初めて熱帯魚を飼いたいあなたに
まずは、おすすめする水槽サイズをご紹介したいと思います。
 
 

ちょっと、その前に

水槽サイズよりも前に
あなたは、飼いたい熱帯魚は決まっていますか?
そして、何匹、飼いたいかも決まっていますか?
 
 
もし決まっているなら
その熱帯魚と数に合った水槽を購入してください。
 
 
熱帯魚を飼うときの基本的な考え方として

「水量1リットルに対し魚の体長1センチ」と言われています。
 
 
例えば、3cmの熱帯魚を10匹飼いたいのであれば

3cm=3ℓ
3ℓ×10匹=30ℓ

という考え方です。

30ℓでしたら
だいたい50~60cmの水槽になるんじゃないでしょうか。
 
 
ただ、熱帯魚によって体積が違いますから

体長30cmの熱帯魚1匹と、2cmの熱帯魚が15匹では
体積が全く違いますので、参考程度に考えておいてください。
 
 
それと、もう1つ

自宅に置ける
水槽サイズに、限界がありますか?

水槽を置けるスペースもそうですが、
水槽は水を入れるとかなり重たくなります。

水槽の土台はその大きさによっては
かなり、しっかりしている必要があります。
 
 
重い水槽を置くところがあるか、しっかりと確認しておいて下さい。
もし、土台が崩れて水槽ごと部屋でひっくり返ったら・・・想像しただけで恐ろしいですね。

選べる水槽に限界があるなら、それ以上大きい水槽は選べませんので

その水槽サイズに合った熱帯魚を選ぶ必要があります。
 
 

ではでは、初心者向き水槽とは?

ところで、

よく、熱帯魚を初めて飼いたい人が
思いがちなのは「初めてだし小さい小型水槽かな」と思いがちです。

ですが、小型水槽は水量が少なくて
回りの温度の影響を受けやすいですし

水質も変化しやすいので
水が汚れるのが早いし、病気にもなりやすい。

だから小型水槽は、初心者向きじゃないのです。

 
 
 
と・・・
 
 
熱帯魚飼育に詳しい人が・・・
 
 
言われることがあるのですが・・・
 
 
私は・・・
 
 
『小型水槽の方が、初心者向き』
 
 
だと思います!
 
 
確かに、小型水槽は
上記のようなデメリットがあるので

初心者がなんの知識もなく、
自由に水槽を始めたら、上手くいかない可能性が高いと思います。
 
 
でも、初心者がいきなり
60cmほどある水槽から始めるのって本当におすすめでしょうか?
 
 
確かに、水質の安定など考えれば
60cm水槽の方が有利ですし、水替えも頻繁に行なわなくても大丈夫ですけど、

60cmの水槽と、その他道具を揃えるのって
どれぐらい、金額がかかると思います?
 
 
安い物で20000円程度
しっかりした物になると70000円程度かかります。

スポンサーリンク

それに、スペースもかなり取りますし
いざ、水換えとなったら結構な労力が必要になります。
 
 
初めてなのに、この金額を出して
飼い始めるのって、ちょっと敷居が高いと思いませんか?

それで、もし、熱帯魚さんを全滅させてしまったら
立ち直れないかもしれません・・・
 
 
そこで、私は

ある程度、条件を決めて
小型水槽から始めるやり方をおすすめしたいと思います。
 
 

小型水槽のデメリットをカバーする飼育方法


先ほども言いましたが
まず、ある程度条件を決めて飼育すれば

初心者でも
安心して小型水槽を使うことができます。
 
 
 
その条件はコチラです。

1.スペースを取らない
2.初期費用が安い
3.メンテナンスがやりやすい水槽セッティング
4.水草は使わない。
5.飼育する熱帯魚は悪条件に強い種類を選ぶ

 
この、条件に合うように
始めれると非常に、飼育しやすくなります。
 
 
では、具体的に
どのような方法をとるかなんですが

水槽は30cm以下のもので大丈夫です。

最近は、入門セット的な感じで
フィルターやライトなどセットになったものがありますので

その他、必要な道具をプラスしても

10000円以内で購入できると思います。
 
 
1週間に1度は水換えが必要となりますから
作業がやりやすい環境に水槽を置いてください。

でないと、長く飼っていると
段々、水換えがめんどくさくなっちゃいます。
 
 
水草はなるべく控えた方がよいですね。

水草も生物ですから

水草を元気に育てるために、
栄養や光やCO2などの手間と費用がかかります。
 
 
どうしても、水草を加えたいのであれば

「アヌビアスナナ」など
低い栄養でも育つこのできる水草を使ってください。
 
 
そして、実際に飼育する熱帯魚ですが、

当然といえば、当然ですが
中型~大型の熱帯魚は飼育できません。

10cm以上になる熱帯魚は避けましょう。
 
 
それと、小型水槽の場合
気性の荒い熱帯魚は不向きです。

もし、襲われた場合に大きな水槽であれば
逃げ場がありますが、小型水槽は逃げるスペースがないので

もしかすると
追われ続けて、弱い方は死んでしまうかもしれません。
 
 
さらに、先ほども言ったように小型水槽は
温度や水質が変化しやすいですし、水質悪化も早いです。
 
 
まあ、こういったデメリットがるから
「小型水槽はすすめません」と言われるわけなんですが
 
 
では、その辺りのデメリットを逆に考えて
 
 
温度変化や水質変化の強く
性格が温和な熱帯魚を飼育すれば

小型水槽での熱帯魚飼育は
リーズナブルで、あまり手もかからず

入門編にはピッタリな飼い方になる訳です。
 
 

小型水槽におすすめの熱帯魚

そんな小型水槽にピッタリな
熱帯魚をご紹介していきたいと思います。
 

「ネオンテトラ」
・体の上は青、下は赤という鮮やかな体色をもつ
・水質の悪化などにも強いため、小型水槽向き
・群れで泳ぐ習性を持つ
「グッピー」
・非常に美しいしっぽをもっている
・繁殖が容易な種類
・水槽の上層を泳ぐ習性がある
「アカヒレ」
・赤く染まるヒレが美しい
・「水質の悪化」「酸欠」「水温の変化」どれにも強い
・最も初心者向きの熱帯魚
「メダカ」
・様々な種類が存在する
・日本の四季の水温変化に対応可能
・水質の悪化に比較的強い

上記、種類の熱帯魚は
小型水槽でも、安定して飼育可能だと思います。
 
 

まとめ

小型水槽で、しばらく飼育すると

・温度の管理
・水質の管理
・病気の事
・熱帯魚の相性

などなど、熱帯魚のことを色々学んでくると思います。

その学んだ知識があれば
もっと大きな水槽で色んな種類の熱帯魚に

挑戦することも楽しくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-趣味

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【熱帯魚と海水魚】飼育するうえでの違いは何?おすすめは?

熱帯魚と海水魚は共存できない? 熱帯魚ショップに行くと 熱帯魚だけではなくて海水魚も多く見られますよね。 見ていると、熱帯魚と海水魚の 両方を飼育したくなったことありませんか?   &nbs …

【一覧】熱帯魚は種類が多いけど、初心者におすすめな魚は?

熱帯魚って種類が多いですが・・・ 熱帯魚ショップに行くと多種多様な熱帯魚がいて、水族館代わりにも使えたりしますね。 親子連れやカップルで来てる人も見かけます。     水族館と違う …

【解説】熱帯魚の為の水槽の水換え方法を詳しくご紹介します!

水槽の水替えは必須 熱帯魚を飼っていれば 必ず水換えという定期的なメンテナンスが発生します。 フィルターを使用していても、水槽の水には限界がきます。 そこで、定期的に、約1/3程度、水槽の水を新しい水 …

ネオンテトラを病気から守れ!かかりやすい4大病気と対処法をご紹介

ネオンテトラを飼っています ネオンテトラは人気がありメジャーな熱帯魚で 初心者にもおすすめできる、比較的に飼育しやすい熱帯魚です。 ほとんどの熱帯魚ショップで取り扱ってますし ショップにとっても回転率 …

【間違ってない?】熱帯魚の治療薬は病気によって種類があるんです!

飼育している熱帯魚が病気になったとき 熱帯魚を飼育していて 残念ながら、病気にさせてしまったとき 今まで、鑑賞魚として 癒されてきて愛着もあるから 何とか、その命を助けてあげたいですよね。 &nbsp …

最近のコメント