Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

オリーブオイルに種類や違いはあるの?お勧めの使い方とは?

投稿日:2017年6月6日 更新日:

何気なく買ってるオリーブオイル

 
ヘルシーなオイルということで、
今や知らない人はいないと言っても過言ではない「オリーブオイル」

健康や美容にも良いと評判になり、
食用オイルとして絶大な人気を誇っています。
 
 
でも、いざ購入しようとしてお店に行っても
オリーブオイルの種類が多くて、迷ったことはありませんか?

そこで、オリーブオイルは、
どれも一緒なのか?お料理によって使い分けた方が良いのか?

オリーブオイルを効果的かつ美味しく食べる為
正しい知識と活用方を、わかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

 

オリーブオイルは、他のオイルとどう違うの?

[オリーブオイル]
オリーブの実を加熱せずに絞って放置しておくと
油分と他の水分等とが分離して自然に油として出来上がります。
(実際には、作業時間の問題もあるので機械を使って分離します)

わかりやすく言うと
オリーブの実の中には、元々多くオイルが含まれて

そのオリーブの実を絞って、オイルだけを集めたものがオリーブオイルなんです。

つまり、果実からとれた生ジュースみたいなものなので
生で飲むことが出来るオイルです。
(全てのオリーブオイルが、そのまま飲める訳ではないです)
 
 
[サラダ油などの植物性油]
それに対して、
サラダ油などの多くの植物性油は、加熱したり化学的溶剤を使って油を抽出し

さらに、その科学的溶剤を取り除く
科学的成分を加えて濾過していく工程を繰り返して作られます。

そのため、植物本来が持っている風味や機能性が損なわれ
生で食するには向いていないオイルになるので、揚げたり、焼いたりに使用します。
 
 

オリーブオイルに種類はあるの?

では、オリーブオイルは「全部どのオイルも一緒なのか?」なんですけど

実は、オリーブオイルは、大きく分けて3つ
その中からさらに数種類に分けられて、全部で「8種類」に分けられます。
 
 
これら8種類の選別の基準には酸度が大きく関わっています。

酸度とは、オリーブの成分の1つで「遊離オレイン酸」の割合のことで
遊離オレイン酸の割合が少ないものほど上質なオリーブオイルといえます。
 
 
その、8種類を説明していきますので
選び方もあわせてチェックしてみてください。
 
 

オリーブオイルの分類

[バージンオリーブオイル]
(果実をそのまま絞ったもの)
 
1.エクストラバージンオリーブオイル(酸度:0.8%)
官能検査により完全な食味を持っているとされたもので
風味の素晴らしさ、酸度の低さとも最高レベルと判定された上質なオリーブオイルです。

最も大切な要素は「フルーティーさ」です。
ワインのように、産地・摘んだ時期・圧搾やり方など様々な条件で味がかわります。
 
 
2.ファインバージンオリーブオイル(酸度:2.0%)
官能検査により若干の風味が損なわれているとされたものです。

が、実際、エクストラバージンオリーブオイルとほとんど変わりません。
 
 
3.オーディナリーバージンオリーブオイル(酸度:3.3%)
官能検査により複数の欠点があったとされるもので

ファインバージンオリーブオイルと近い風味ですが、
上記の2つに比べると少し辛みや苦みを感じられます。

ですが、食用として使用することもできるので、品質は良いと言えます。
 
 
4.ランパンテバージンオリーブオイル(酸度;3.3%)
官能検査により多くの欠点が認められたもので
精製してバージンオリーブオイルとブレンドして作られます。

名前の語源は「灯油用」の意味で食用には向いていないです。
 

スポンサーリンク

 
[精製オリーブオイル]
(バージンオリーブオイルを精製したもの)

1.精製オリーブオイル(酸度:0.3%)
酸度が3.4%以上あるランパンテバージンオリーブオイルを
化学的に還元し脱色や脱臭して精製されたオリーブオイルです。
 
 
酸度は化学的に還元するので
エクストラバージンオリーブオイルより更に低い0.3%以下が義務づけられています。
 
 
2.精製オリーブポマースオイル(酸度:0.3%)
バージンオイルの絞りかす(ポーマス)に
まだ油分が残っているので、有機溶剤を使いオイルを抽出したもの。

最初に搾ったものが「一番搾り」
有機溶剤で抽出したものが「二番搾り」または「ポマースオイル」と言われています。
 
 
[オリーブオイル]
(バージンオリーブオイルと精製オリーブオイルをブレンドしたもの)

1.ピュアオリーブオイル
精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドしたもので
ただ単にオリーブオイルと呼ばれることもあります。

お店でオリーブオイルとしか表示がないものがコレです。

エクストラバージンオイルと比べると値段は安く、
透明で比較的大きな容器で売られていることが多いです。

バージンオリーブオイルのブレンド比率は平均10%以下が多いようです。

食用ではありますが、調理に使うのが一般的です。
 
 
2.オリーブポマースオイル
精製オリーブポマースオイルと
バージンオリーブオイルをブレンドしたものです。

販売するときは「オリーブポマースオイル」と
表示の義務がありますので、ラベルを確認すると分かります。
 
 
オリーブオイルは、以上の「8種類」に分類されるのすが
日本では、全てのオリーブオイルは購入できません。

日本で売られているオリーブオイルは

「エクストラバージンオリーブオイル」
「ピュアオリーブオイル」
「オリーブポマースオイル」

の3種類になります。
 
 

使用目的でオリーブオイルを選びましょう

あなたが主に使用する、
料理や調理にぴったりのオリーブオイルの選び方を紹介していきますね。
 
 

オリーブオイルをそのまま使用

サラダのドレッシングやスープとして
そのままオリーブオイルを使用する場合

好みの問題はあると思いますが、
先ずは、風味をお楽しみいただきたいと思いますので、

オリーブの特徴を充分に味わえるエクストラバージンオイルをお奨めします。
 
 
より健康的にという事なら、
有機エクストラバージンオイルであれば更に良いと思います。
 
 

オリーブオイルを調理に使用

オリーブオイルは加熱調理にも問題ありません。

通常フライを揚げる温度は約180度と言われていますが、
オリーブオイルの発煙点(油を火にかけてから煙が出始める温度)はそれよりも高い210度です。

そのため、酸化しにくく、揚げ物にもおすすめです。
 
 
他の油と同様に使うことができますし、カラッと軽く仕上がる点が特長です。

抗酸化効果が高いため、酸化しにくく繰り返し使うこともできます。
 
 
ただ、オリーブオイルは独特の香りがありますので、
調理の内容によっては、その香を嫌う場合もあると思います。

そのときは、香の強いエキストラバージン・オリーブオイルよりも
オリーブオイルを使用すれば、香はほどんど気にならなくなると思います。
 
 

オリーブオイルの保管

オリーブオイルの冷蔵庫での保管は避けてください。

オリーブオイルは温度が下がりすぎると
中の成分が固まってしまい、味や香りが落ちてしまいます。

保管場所でおすすめはキッチンの戸棚の中など
直射日光と高温を避けることができる「冷暗所」に保管してください。」
 
 
もし、冷蔵庫に保管されていたときは、
すぐには使用せず、常温で20分ほど待ってから使ってください。

そして、炒め物や揚げ物に使ったり
手作りフレーバーオイルに使うのが良いですね。
 
 

オリーブオイルのまとめ

オリーブオイルの種類と使い方、少しはご参考になったでしょうか。

オリーブオイルにも適材適所が有るんですね。

オリーブオイルを有効に使って
あなたのお料理をさらに美味しくしてください。

関連記事【まとめ】調味料のまめ知識

スポンサーリンク

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「みりん」と「みりん風調味料」はどう違うの?使い方は?

和食料理に欠かせない「みりん」 和食のレシピを見ると 当たり前のように入っている「みりん」 でも、そのみりんは 「レシピの材料にあるから…」となんとなく使ってたりしませんか? みりんを使う目的は?と聞 …

【料理と塩のおいしい関係】重要な7つの役割を教えちゃいます!!

料理に欠かせないもの=「塩」 焼いた肉も生野菜も「塩」を一振りするだけでおいしさがグンと増しますよね。 おかげで、たくさん食べられます。     塩がなければ、煮物も焼き物も多くの …

【栄養満点!】胡椒の種類と体にもたらす働きをご紹介します!

胡椒はいったい何者? 何気なく使っている調味料、胡椒。 どこの家庭でも大抵1瓶はあるでしょう。     その胡椒は、様々な働きを持つ 健康や美容に役立つ食材として使われて来たのをご …

【味噌の作り方】味噌って種類があるけど、どう違うのかな?

日本人と共に当たり前にある味噌ですが・・・ 味噌とは1300年もの長い間 日本人の食生活を支えてきた伝統食品です。 基礎調味料である「さしすせそ」の「そ」にあたり 微生物の力で作り出される発酵食品にな …

運動会のお弁当作りは大変!簡単に作れておススメなメニューはコレ!

10月は運動会のシーズンですよね。 お子さんが小学生になって初めての運動会   お子さんが、徒競走で何位になるか? 団体競技でしっかり活躍できるか? などなど・・・   お母さんも …

最近のコメント