Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

イベント

自宅のイルミネーションが迷惑にならない為の点灯時間や飾り方とは?

投稿日:2017年9月15日 更新日:


冬になり、クリスマスが近づいてくると街の街路樹がイルミネーションで華やかに飾られますよね。

仕事帰りに見るイルミネーションはとても癒されるものですね。
 

最近では、ご自宅でもイルミネーションを飾り付けているのを見るようになりましたね。

TVや雑誌が取材にくるような家もあるぐらいです。
 

そんなTVに出るような自宅のイルミネーションに憧れて自宅イルミネーションを始める方も多いのですが、イルミネーションを飾るとき、ただむやみ飾り付けをしていると、それはもしかしたら近所迷惑になっているかもしれません。

イルミネーションで思いもよらないトラブルにならないために、今日はイルミネーションのマナーについてお話ししたいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自宅でのイルミネーションが近所迷惑になることも?

自宅にイルミネーションを飾ると殺風景な景色が一気に華やかになって癒されるますし、お子さんも喜んでくれて一緒に見てて楽しいですよね。

そんな家族にとって楽しいイルミネーションですけど、思わぬトラブルになることがあります。
 

それは、近所さんとのトラブルです。

イルミネーションは夜光っているものですから、その光りがお隣のリビングや寝室を照らしてしまうと「眩しくて落ち着かない」とか「点滅で気分が悪い」などの苦情を言われるかもしれません。
 

それにイルミネーションは「光害(ひかりがい)」といって、損害賠償を請求される可能性だってあるんですよ。

「光害」の定義

光害(ひかりがい)とは、良好な「光環境」の形成が、人工光の不適切あるいは配慮に
欠けた使用や運用、漏れ光によって阻害されている状況、又はそれによる悪影響と定義する。

引用元:http://www.env.go.jp/air/life/hikari_g_h18/01.pdf

 

そうなってしまっては、せっかくの家族の楽しい気分もどこへやらイルミネーションを取り外さないといけないハメになるかもしれません。

そうならないためにはどうすればいいか?

それは、イルミネーションの飾り付けを始める前にご近所へは「あまりご迷惑なようならおっしゃってください」ぐらいの最低限の挨拶は必ずしておきましょう。

そうすれば、ご近所の方も受け入れやすくなりますし、どうしても我慢ならないぐらいでないと苦情も言ってこないでしょう。

それと実際にイルミネーションを飾りつけた後も、「挨拶したからもう大丈夫」ではなくて、あまり遅い時間まで外に出て騒がないこともトラブルを防ぐマナーですね。
 

スポンサーリンク

自宅でのイルミネーションが迷惑にならない為には点灯時間に気をつけて

次に、イルミネーションの点灯時間についてお話ししたいと思います。

あまり遅い時間まで点灯・点滅させていると、やはり苦情の原因になってしまいます。
 

基本の考えかたとしては、やはり午後10時には消灯させるのがよいと思います。

この消灯時間は、お隣の生活スタイルをみて、いつも電気が消える時間を考慮して前後しても良いですが、電気が付いているからといって12時近くまで点けていてはいけませんよ。
 

それと、もしかしたら消し忘れることもあるかもしれませんから、時間通りに点灯・消灯することができるタイマーをセットすることをおすすめします。

光りセンサーを使って自動的に点灯・消灯させるものもありますが、このタイプは”くもり”などの日中でも少し薄暗いだけで点灯することがあるのであまりおすすめできません。

↓↓完全防水イルミネーションタイマーです↓↓

 

自宅でのイルミネーションで近所迷惑にならない飾り方

近所迷惑にならないイルミネーションの飾り方についてですが、一番好ましいのは隣の家に光が差し込まないことです

まぁぶっちゃけこれができるなら、ご近所への挨拶や点灯時間の配慮も必要ないのですが、おそらく光りが差し込まないようにできないですよね。
 

で、まず気にしていただきたいのは光の強さです。

光りが強いと、当然眩しいですから迷惑になりますよね。

イルミネーションを点灯させていて、お隣の家が電気が消えた時に、家の中が丸見えになるような明るさなら強すぎると思ってください。
 

光りの強さの調整は、既にイルミネーションをお持ちでしたら、光量調整がついているものかもしれませんし、もし、ない場合はコントローラーだけ売っているので追加すればOKです。

その、光りの強さの調整と一緒に、もう1つ調整機能があると便利です。

それは、点灯/点滅の切り替えスイッチです。
 

点灯/点滅を切り替えるスイッチがあれば、イルミネーションを付けた前半は点滅にしておいて、就寝時間か近づく後半は点灯に切り替えるようにするといいです。

人は点灯状態より点滅状態の方が眩しく感じますから、点灯に切り替えてあげるだけで眩しさが断然やわらいでくれます。

特に高齢の方が近所に住んでいるなら、点滅タイプのライトは目に優しくないので苦手に思っている人が多いようですから効果は高いと思いますよ。
 

それと、街で噂になるような派手なイルミネーションは止めましょう。

イルミネーションをやっていると、毎年買い足してドンドン派手にしたくなるものなんですが、噂になるぐらい派手になるとそのイルミネーションを見に人が集まってくるようになります。

そうすると、そのイルミネーションを見るために路上駐車をしたり、人声がうるさかったり、さらにはタバコや空き缶などポイ捨てしていく人が出てきたりと、光の問題だけでなく騒音でも近所迷惑になることがあるんです。

実際に、私の知人で派手にイルミネーションをしている家の隣に住んでいる人がいるんですが、イルミネーションの光の迷惑より車で鑑賞しに来た人の車の騒音が迷惑になると聞いたことがあります。
 

それに、人が集まってしまうというのは意外と怖い一面もあります。

これはイギリスで起きた問題なんですけど、

イルミネーションを派手にする家があって、そこにたくさんの人が見に来てたそうなんです。

けど、そのイルミネーションせいで、その地区では犯罪が増えてご近所の方は気になって眠れない弊害がおこり、最終的には政府が間に入って規模を縮小させた。なんてことも過去にあったんですよ。
 

ですから、迷惑になるだけでなく防犯のためにもやり過ぎは禁物ですよ。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

近所迷惑にならない為のイルミネーションの飾り方、ご理解いただけましたでしょうか。
 

イルミネーションは趣味の一環として、良識の範囲内で周囲への配慮すれば近所の方も含めてみんなで長く楽しめるものです。

今日、お話した方法をしっかり使ってもらってイルミネーション長くを楽しんでくださいね。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

関連記事⇒【まとめ】イルミネーションお役立ち情報
 

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

江ノ島花火大会おすすめ穴場スポット6選!混雑しない観覧場所を紹介

こんにちは 夏の花火大会は各地で楽しまれたでしょうか? もしかして、「今年は全然行けてないよ~」とかですか? そんな方でも、まだ間に合います。   今年最後の花火大会として、10月21日にふ …

【アドバイス】七五三の衣装はレンタルと購入で格安なのはどちら?

お子さんも3才を迎え、もうすぐ七五三ですね。 お子さんの煌びやかな姿は これまでの育児の大変さが報われる思いと、 これからの成長もまた楽しみになる、とても嬉しい行事ですよね。   スポンサー …

大分車いすマラソンの交通規制で通行止めやバス運行と回避方法も紹介

今年も、大分国際車いすマラソン大会が開催されますね。 大会は、1981年から始まって今年で37回目を迎える歴史ある大会です。   大会当日は、10:00頃に大分県庁前を出発して40m道路を走 …

江ノ島花火大会は有料席の購入はどこで?発売日と金額と場所を紹介!

湘南の秋の風物詩ともいえる「ふじさわ江ノ島花火大会」 テーマパーク以外で、10月に行われる花火大会なんてめずらしいですよね・   しかも、この時期の花火大会としてはめずらしく、 内容も豪華で …

佐賀バルーンフェスタを子連れで楽しむなら?おすすめの日程をご紹介

秋に行きたいイベントとして、佐賀のバルーンフェスタを考えていますよね。 佐賀のバルーンフェスタは世界的にも大きいバルーンの競技大会で、 参加するバルーンの数はなんと約150機以上なんですよ! 昨年の2 …

最近のコメント