Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

まめ知識

ヒアリだけじゃない日本の外来生物!危険性と被害は?駆除はできる?

投稿日:2017年9月8日 更新日:


今年、日本でヒアリが確認されて、その危険性が日本中で話題になっていますね。

ヒアリのように、外来生物が問題になっているのは、他にもまだまだたくさんあるって知ってました?

日本は島国なので、資源が少なく
私たちの生活に必要なものの大部分は輸入に頼ってますから

その荷物について、日本に入ってきたり、
飼育するために輸入した外来生物が逃げ出して野生化したりして

人や環境に危険が及んでいるんですよ。
 

ヒアリについては、日頃から新聞やTVで、その危険性について報道されていますのでご存知の方も多いと思います。

そこで今日は、「ヒアリ意外にもこんな危険な外来生物がいるよ」ということでお話ししてみたいと思います。

スポンサーリンク

ヒアリだけじゃない日本にいる外来生物

さきほどお話ししたように、
現在の日本にはそうとうな数の虫や動物など外来生物が入ってきています。

その数は、少なく見積もっても400種類以上と言われています。
 

外来生物といっても全てが危険という訳ではなく、そのまま日本に馴染んだ生き物もいます。
 

例えば、”オカダンゴムシ

オカダンゴムシとは、家の庭をちょっとよく見たら見かけることができる普通のあのダンゴムシです。

あのダンゴムシは、実は外来生物でもともとはヨーロッパ原産なんですよ。(知ってました?)
 

その他には、
・明治時代ごろに蜂蜜を作る為に輸入された”セイヨウミツバチ”
・もともとは東南アジアに生息していた”アカボシゴマダラ(蝶)”
・養殖や釣り用として放流された”ニジマス(魚)”
 
などなど、日本在来かと思ってたら実は外来生物なんですよ。
 
あなたが、日本在来と思っていた生き物も実は外来生物かもしれませんよ。
 
 

ヒアリだけじゃない日本の外来生物の危険性と被害

 
400種類以上いる外来生物の中で、
ごく最近発見された在来生物で、ヒアリと同じように問題になっている外来生物もいます。

そこで、最近問題になっている外来生物をピックアップしてお伝えしたいと思います。
 

ブラウジングアント

まず、ごく最近日本で発見され、問題になっているのが”ブラウジングアント”というアリです。

ブラウジングアントは、もともと南ヨーロッパ原産のアリで、今年名古屋港で発見されました。

体調は2mmほどなので、日本のアリより少し小さいのですが動くスピードが速いのが特徴です。
 

日本在来のアリは、巣の中に女王アリが1匹しかいませんが、
ブラウジングアントは1つの巣に複数の女王アリが住んでいるので繁殖力がとても高いもの特徴です。

今年、名古屋港で初めて発見されましたが、発見時にはスゴイ数のアリがいて

専門家の方の意見では、「おそらく入ってきて2年ぐらい経っているのではないか?」とのことでした。
 

ブラウジングアントはヒアリと違って、
人を刺すとか噛むとかいう人体に直接被害があるアリではありませんが、

その数とスピードにものをいわせて、日本在来のアリや他の昆虫を捕食してしまうのです。
 

例えば、日本在来のアリはエサを巣に運ぶと同時に、植物のタネを運んでくれる役目もしています。

そのおかげで、花が咲いているのですが、ブラウジングアントによって、日本在来のアリが捕食されてしますと、

これまで、そこに咲いていた花が咲かなくなったりとか、植物が枯れてしまったりと、自然の生態環境に非常に大きな被害がでる可能性があるんですよ。

実際に、オーストラリアでは、ヒアリと並んで『非常に危険なアリのリスト』に入っているそうです。
 

クビアカツヤカミキリ

次に、ご紹介するのは”クビアカツヤカミキリ”です。

スポンサーリンク

この、クビアカツヤカミキリは2012年に愛知で発見されました。
 

元々は中国やモンゴル、台湾などに生息する虫で、首の部分が赤くなっているのが特徴です。

発見後から、爆発的に生息域を広げて、現在は、埼玉、群馬、東京、さらには大阪と生息域を全国に拡散中のようです。
 

このクビアカツヤカミキリは成虫よりも幼虫がやっかいで、木の中に入り込んで生息し、中を食い尽くしてしまうのです。

そうすると、その木は勢いをなくし弱ってしまって枯れてしまうのです。
 

しかも、とりつく木は、バラ科の「桃、さくら、梅」などで、
このクビアカツヤカミキリの幼虫に入られると桃や梅は枯れてしまい収穫ができなくなってしまうのです。

それに、駆除する方法は伐採するしかないので、
桜の木に入られたら、そこで翌年の桜は見ることができなくなってしまいます。
 

このままでは、いつか日本中の桜がクビアカツヤカミキリにやられてしまって花見ができなくなってしまうかもしれません・・・。
 

フェモラータオオモモブトハムシ

フェモラータオオモモブトハムシ(言いにく・・)は、
原産は東南アジアなどの熱帯地方で、8年前に三重県で発見されました。

赤くつやのある体と、太い後ろ脚が特徴で、
幼虫の間はクズの木の中に入って木を食べながらすごし、さなぎから成虫となって出てきます。
 

この、フェモラータオオモモブトハムシは、幼虫がクズの木を食べてしまうのも問題なのですが、

成虫となっても、インゲンなどマメ科の植物を好んで食べるので農業被害が懸念されています。
 

7年前に一度、専門家たちによって駆除をこころみましたが失敗におわり、現在では三重県の広い範囲に生息域を拡大しているようです。
 

ヒアリなど日本にいる外来生物は駆除できるの?

ヒアリを含めて、今回ご紹介したブラウジングアントやクビアカツヤカミキリやフェモラータオオモモブトハムシを含めて、

まだまだ被害が懸念されている外来生物はたくさんいます。
 

日本で自然に繁殖している外来生物のほとんどが、小さく見つけるの難しいのと、高い繁殖力をもっています。

ですから、完全に駆除することはかなり難しと思います。
 

もし、本当に外来生物を根絶しようとするなら、政府の指導のもとで莫大な予算と時間をかける必要があるでしょうね。
 

例をあげるなら、
ヒアリの被害を受けていたニュージーランドは、政府がヒアリの駆除に乗り出しヒアリの根絶に至っています。

ですが、それでも完全駆除までに2年を要し、その作業にかかった費用は約1億2千万円と言われています。
 

完全駆除には、それぐらいの覚悟が必要なんですね。
 

まとめ

ヒアリを含む外来生物のお話しどうだったでしょうか。
 

先ほどもお話ししたように、外来生物を駆除するのは難しいです。

おそらく、これからも何らかの方法で外国から虫や動物は日本に入ってくるでしょう。

それはもう、防ぎようがなく仕方のないことだと思います。
 

それよりも、私たちみんなが日頃から虫や生き物に多くの方が関心を持つ必要があります。

専門家だけでなく、私たちみんながモニタリングすれば、それは外来生物の早期発見につながります。
 

早く見つけることができれば、駆除することもさほど難しいことではありません。

もし、あまり見かけない虫を見たなら、
それをSNSでアップするとか、詳しそうに人に相談してみるとか、もし相談する相手がいなかったら市役所の窓口に訪ねてみるとかでも良いと思います。

こうして、いつもと違う生き物を報告していく習慣があれば、それを専門家がみて早めの対処ができるんです。
 

つまり、外来生物の危険性も私たちの生活に常に関わっているものだという認識をもつことが大事なんですね。

それが、外来生物の被害を最小限にとどめる最良の方法だと思います。
 

最後まで、読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-まめ知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

喪中はがきの書き方で故人が二人の場合は?名前の順番や文例もご紹介

年内に身内の方が、二人も亡くなることがあるなんて本当に残念で悲しいですよね。 心より、お悔やみ申し上げます。   そして、悲しみもつかのまで年末が近づいてくると準備しなければならないのが”喪 …

大分から博多まで行きたいけど、最安値で行ける方法はどれ?

大分に住んでいらっしゃるあなた、お買いものはドコでしてますか? 「パークプレイス」 「わさだタウン」 「アミュプラザ大分」 など、メインどころでしょうか。   スポンサーリンク でも、たまに …

七五三の初穂料でのし袋の表書きや裏書きは?水引きに種類はあるの?

七五三が近づいてきましたね。 毎日バタバタとしながらも、もう子供が生まれて3年に経っちゃったんだとビックリしてしまいますよね。   そして初めての七五三、衣装や写真の準備や家族や親戚との食事 …

夏の食中毒を予防するためには温度が重要?原因と対策方法をご紹介!

こんにちは 今、この記事を書いているのは8月なんですけど、と~ても暑いです(*_*; こんな暑い日はジュースや冷たい飲み物がどんどん欲しくなりますね。   スポンサーリンク でも、そのジュー …

喪中の範囲で別居の祖母はどうなる?はがきを出すべき親等と期間は?

今年、母親のお母さん、つまりあなたの祖母が亡くなったら、あなたは喪中になるのでしょうか? しかも、一緒に住んでないとしたら喪中はがきを出すべきなのでしょうか? 血縁が近いと案外分かりやすいけど、やや遠 …

最近のコメント