Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

ポテトサラダで食中毒になる原因は?細菌との関係と対策方法を紹介!

投稿日:2017年8月27日 更新日:


日本は、海に囲まれた島国ですから、どうしも湿度が高く蒸し暑い日が続きます。

そんな季節に注意したいのが食中毒ですよね。
 
特に最近では、集団発生した「ポテトサラダの食中毒事件」が頻繁に報道されていますが、
ポテトサラダによる食中毒は、何もO-157だけではありません。
 

実は、ポテトサラダって食中毒に感染しやすい食品なのをご存知でしたか?

ご家庭で、なんとなく作っているポテトサラダも
高い可能性で、食中毒に感染する力を持っているのです。

今まで、食中毒に感染しなかったのは、運が良かっただけかもしれませんよ?
 

そこで今日は、ポテトサラダが、どうして食中毒に感染しやすいのか?
と、その対策方法を紹介します。

スポンサーリンク

ポテトサラダで食中毒に感染する原因は?

ポテトサラダと聞くと、ほとんどが野菜で作られているし、
肉系は入っていても、ハムぐらいなんで食中毒になりやすいなんて思えませんよね。

私も、そう思ってました。
 

でも、最近ポテトサラダによる食中毒を頻繁に耳にするようになって
どうして、ポテトサラダで食中毒になってしまうのか調べてみたんです。

調べてみた結果、ポテトサラダによる食中毒について意外なことがわかったんです。
 

まず、ポテトサラダの食中毒は”腐ったポテトサラダを食べた”とかでなければ、

ほとんどの場合は「感染型」と言って、
細菌に感染した食品を食べてしまって体内で細菌が増殖することで起る食中毒なんです。

代表的な原因菌としてサルモネラ・腸炎ビブリオ・病原性大腸菌などですね。
 

でも、この「感染型」の食中毒は、なにもポテトサラダに限ったことではないんですよ。

他の食品でも、同じことが言えるんです。

野菜サラダだろうが、シーザーサラダだろうが同じぐらい食中毒の可能性があります。
 

では、なんでポテトサラダが「食中毒に感染しやすい」なんて言われるのでしょうか?

その理由を、次の項目でお話したいと思います。
 

ポテトサラダの食中毒と細菌の関係

何でポテトサラダが食中毒に感染しやすいと言われるのか?

他の、食品との違いはドコなのでしょうか?
 

ポテトサラダが食中毒に感染しやすい原因は、大きく分けて3つあります。

順番に説明していきますね。
 

1.ポテトサラダを作る材料の数

ポテトサラダを作るとき、あなたはどの材料を揃えますか?

定番のポテトサラダを作る材料で挙げてみると、
”じゃがいも、にんじん、りんご、きゅうり、卵、玉ねぎ、ハム”などです。
 

簡単にポテトサラダと言っても、
今、私が紹介しただけでも7種類の食品を使って調理するわけです。

この、食品の数の多さが食中毒に感染しやすい原因の1つになるんです。
 

なぜかと言うと、1つ1つの食品は、
作られたところも違えば、買ったところも違いますよね。

そして、1つ食品は、
生産者や販売店の管理が悪ければ、細菌に感染している可能性があります。

つまり、
多くの食品を使う料理は、それだけ食中毒の可能性が高くなるということになるんです。
 

先ほど、私がポテトサラダの具材で7つ挙げました。

ということは、1つの食品を使う料理よりも、
単純に7倍も食中毒になりやすいことになるんですね。
 

しかも、ポテトサラダの場合は、
加熱する行程があるのは、最初の”じゃがいも”を蒸かすときだけですから、

もし、食品が細菌に感染してたとき、熱処理によって殺菌することが難しいんですよ。
 

それが、ポテトサラダが食中毒に感染しやすい原因の1つなんです。
 

2.ポテトサラダは行程が多い

ポテトサラダは、簡単に作ってれているように見えますが、意外と行程が多いのです。

そして、それが食中毒に感染しやすい原因の1つになるんです。
 

簡単に、ポテトサラダ作りの行程を紹介すると、

1.じゃがいもを蒸かす
2.じゃがいもを容器に入れる
3.じゃがいもを潰す
4.各、食材を混ぜる

この行程になります。
 

この工程の中で、包丁、ボウル、マッシャーなど、多くの調理器具を使いますし、
手やスプーンなどもポテトサラダに使いますよね。

自分の手はもちろんですけど、もし調理使った調理器具に細菌が繁殖していたら、
ポテトサラダは、細菌に感染してしまいますよね。
 

つまり、食品に触れる物や数が多くなれば多くなるほど、
食品に細菌が混入して、感染する可能性が高くなることになります。

これが、ポテトサラダが食中毒になりやすい原因のまた1つなんです。
 

3.細菌はポテトが大好き

実は、細菌はポテトが大好きなんです。

知ってましたか?
 

これは、意外と知られていないかもしれませんが、
細菌にとって、ポテトはとても居心地良く、繁殖しやすい環境だそうなんです。

それを、証明する実験で「ポテトデキトロース」があります。
 

それは、食品の中に生菌数(生きている細菌)がどれくらい居るか調べるのに、

培地※1を食品に混入させ、その後どれぐらい細菌が増加するかを見て、
細菌の繁殖量を調べる研究があるんですけど、
 
この細菌の培養の研究に、
一番適しているのがポテトの培地である「ポテトデキトロース」なんだそうです。
 

つまり、ポテトはそれぐらい細菌の繁殖に適している環境なんです。
 

だからポテトサラダは、食中毒になる可能性が高い食品と言えるんですね。
 

スポンサーリンク
※1<培地とは>
培地(ばいち、medium)とは、微生物や生物組織の培養において、
培養対象に生育環境を提供するものである。炭素源やビタミン、
無機塩類など栄養素の供給源となる他、細胞の増殖に必要な足場や液相を与える物理的な要素もある。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%B9%E5%9C%B0

 

ポテトサラダで食中毒に感染しないための対策方法

ここまでのお話を聞いてみて、どうですか?
もしかして、ポテトサラダを食べるのが怖くなったりしましたか?

でも、ポテトサラダはとっても美味しいですから食べられないのはイヤですよね。
 

そこで、ポテトサラダを美味しく食べる為に、
ポテトサラダを細菌に感染をさせないための対策方法をお話したいと思います。
 

[対策方法①:冷やしてから調理]
じゃがいもを茹でて、熱いうちに皮を向いて潰したら、
扇風機やクーラーなどで、指で触って冷たいと感じるぐらいまで冷ます。

細菌は、常温で一番繁殖しやすいので、
繁殖時間を短くするためにポテトを早く冷ました方が良いです。
 

蒸かしたばかりのじゃがいもは、
中まで冷ますのには2~3時間かかるので、早めに潰すところまではやっておくこと。

先ほど、お伝えしたポテトサラダの作り方の工程に「冷やす」を加えて

1.じゃがいもを蒸かす
2.じゃがいもを容器に入れる
3.じゃがいもを潰す
4.じゃがいもを冷ます
5.各、食材を混ぜる

この行程で、作ることを心がけてくださいね。
 

[対策方法②:塩を使う]
ポテトサラダに入れるきゅうりは、塩もみしてから入れてください。

塩は抗菌作用があるので、菌を殺す効果がある。
 

リンゴを入れる場合は塩水に浸けてから入れてください。

そうすることで、リンゴの中の酵素(ポリフェノールオキシダーゼ)が
働かなくなるので菌が繁殖しにくく痛みにくくなります。
 

[対策方法③:玉ねぎを使う]
玉ねぎをスライスして、
塩で揉んで入れると、玉ねぎにも抗菌作用があるので一緒に入れるとよいですね。
 
 

以上の方法で、ポテトサラダを作ると安全で
食中毒に感染する可能性がグッと下がりますから是非、やってみてくださいね(#^.^#)
 

ポテトチップスは食べても問題ない?

ポテトサラダが食中毒に感染しやすいと聞いて
じゃぁ、ポテトチップスもあぶないのじゃないか?

なんて思ってませんか?
 

安心してください。その心配はいりません。
 

今日は、ポテトサラダの食中毒についてお話しましたが、
ポテトサラダの食中毒は”じゃがいもそのもの”が原因ではありません

調理中に菌が混入したために起こるものです。
 

それに、ポテトは高温で揚げてありますから、
その時点で殺菌もされてることでしょうから、ますます大丈夫ですね。

チップスになってから、
袋詰めされるまでに細菌に感染することがあれば食中毒も考えられますが・・・

それは、また別の話ですね(-_-;)
 

まとめ

ポテトサラダって意外にも食中毒に感染しやすい食品だとわかりましたね。

ただ、お話ししたように、対策方法もありました。
 

そして、ポテトサラダに限った話ではありませんが、
食中毒には、感染しないための基本的な方法があります。

ご存知ですか?
 

それは、
・細菌をつけない(清潔、洗浄)
・細菌を増やさない(迅速、冷却)
・細菌をやっつける(加熱、殺菌)

この3つです。

この3つをしっかりと行うことができれば、食中毒に感染することはありません。

対策方法としてお話したことも、
この3つの方法の実践の仕方をお伝えしたまでなんですよ。
 

食中毒は、細菌を食べて体内に入れてしまうことが問題なので、
加熱・環境消毒・手洗いを行って食べ物に細菌を付着させないことが重要ですね。

それに、気をつけて美味しい食事を楽しんでください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
 

★野菜に細菌を残さないための野菜や果物専用の洗剤を見つけちゃいました。
 天然素材など、体に安心の成分で除菌率99.9%だそうですよ♪

↓↓↓食中毒予防に野菜や果物が洗える洗浄剤↓↓↓

スポンサーリンク

-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【マヨネーズの作り方】簡単?難しい?失敗しないその方法とは!

いつもお店で買っているマヨネーズですが たまには、手作りマヨネーズを作ってみようと レシピを見て作ってみたものの失敗してしまった・・・ 基本は数種類の材料を 混ぜるだけで意外と簡単そうなのに何で? 理 …

土踏まずの役割とは?偏平足の改善トレーニング法を教えます

土踏まずが無くなってませんか? 歩くのに不自由はないけれど、ふと、足の裏を見たとき 子供の頃はあったのに、土踏まずがなくなって 赤ちゃんの足の裏みたいにペッタンタンになっていた?   土踏ま …

「みりん」と「みりん風調味料」はどう違うの?使い方は?

和食料理に欠かせない「みりん」 和食のレシピを見ると 当たり前のように入っている「みりん」 でも、そのみりんは 「レシピの材料にあるから…」となんとなく使ってたりしませんか? みりんを使う目的は?と聞 …

【料理上達!】醤油の種類と使い方ってホントに知ってますか?

日常、無意識に使っている醤油 ご飯の時、あなたのお家のテーブルにも 当たり前に醤油が置いてありますよね。 何となく、焼き魚にかけたり、刺身に付けたりして食べてますし 料理の際にも、調味料として使います …

お酢を使って料理をする前に、その役割と種類を知っておこう!

お酢は世界最古の調味料 酢はスタミナのス、酢は寿などと言われるほど 体に良いと言われています。 それは、酢が疲労の元で血液を酸性に傾ける「乳酸」を燃焼分解したり 生命を守る副腎皮質ホルモンの生成する役 …

最近のコメント