Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

イベント

佐賀バルーンフェスタで写真を撮ろう!撮影場所とその行き方をご紹介

投稿日:


こんにちは。

九州で行われる秋の大イベントの一つに「佐賀バルーンフェスタ」があります。

佐賀バルーンフェスタは、毎年約100万人が訪れる大イベントです。
 

この期間は、佐賀の人口が凄いことに(笑)
 

それはさておき、このバルーンフェスタで
行われる競技で、約100機のバルーンが一斉に飛び立つバルーン競技があります。

見たことありますか?
その光景はとても美しく幻想的で癒されちゃいますよ。
 

その、バルーンを飛び立つ瞬間をカメラに収めようと
毎年、多くのカメラマンがやってくるのですが、

初めて来るなら会場は広いですし、どこが良い撮影場所かが分かりませんよね。

そこで、初めて佐賀バルーンフェスタの写真撮影に来られる方のために、
おすすめの時間帯や撮影場所、その行き方をお伝えしようと思います。

よかったら、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  

佐賀バルーンフェスタで写真を撮るおすすめの時間帯は?

バルーンフェスタの会場になっている佐賀平野は空が広くて、

幾層にも重なる雲のダイナミックな動きや、吉野ヶ里遺跡の
シルエットが映える景色は時を忘れて見とれてしまう美しさがありますよね。

その空に熱気球が100機も飛んでいるんですから、
バルーン撮影は、どこから撮っても単体ならキレイに撮れると思います。
 

でもせっかくなら、
ポストカードなどで見るような綺麗で絵みたいな写真を撮りたいですよね。
 

そこで、写真を撮るのにおすすめしたいのは朝の時間帯の撮影なんですよ。

朝はバルーンが朝日に反射してバルーンの色が映えますから、
そこに一斉離陸したバルーン群を写真に収めることができたらカッコイイですよね。

川の水面に反射したバルーンが写っている写真なんて最高じゃないですか!
 

というわけで、

私がおすすめする朝の時間帯のバルーン撮影のために
撮影場所はドコがいいのかを、次の項目でお話ししたいと思います。
 

佐賀バルーンフェスタでおすすめの撮影場所は?

まず、撮影をするときの注意点というか基本なんですけど、
必ず太陽を背にした場所を選ぶことですよね。

逆光になっていては、せっかく頑張って撮っても台無しです。
 

で、川面も映って逆光にもなりにくい撮影場所なんですけど、
来場者が見ている会場の反対岸の堤防が、かなり良いポイントなんです。

具体的には、土手の西側の方が人も少ないし、
水面にバルーンが綺麗に反射して絵になっているような写真が撮れる場所なんです。

この場所から、一斉離陸を待ち構えるのがとってもおすすめですよ~
 
それと、ここに行かれた方で、
土手の入り口付近に警察官がいて入ったらダメなのかと思ったらしいのですが、

決してそんなことはありません。

他にも、撮影目的で来る人はたくさんいますから、安心して入ってくださいね。
 

佐賀バルーンフェスタで朝の撮影場所への行き方は?

撮影場所への行き方なんですが、

一番簡単な行き方はバルーンフェスタの特設駐車場である
嘉瀬川河川敷駐車場に車を駐車して、徒歩で207号線に出て対岸に行くのがよい。
 

なんですけど、嘉瀬川河川敷駐車場は、
バルーンフェスタの来場者が、朝早くからわんさかやってくるんです。

ですので、駐車場の開場は5:00なんですけど、、
遅くとも5:30までには駐車待ちの列に並ぶようにしてください。

でないと、バルーンの離陸の時間に間に合わない可能性があります。
 

実際に、「離陸は朝7時とあったので30分前に着けば良いと
出かけたのですが、道はもう何処も交通渋滞で全然動けませんでした」

スポンサーリンク

なんて話も聞いています。
 

理想は、嘉瀬川河川敷駐車場に朝6時前には駐車して
車内で機材のチェックや競技の開始の有無等、会場内放送を聞くことですね。
 

その他、行き方としては、「神野小学校・新栄小学校・
開成小学校、西神野運動広場、・八戸溝低床公園・どんどんどんの森」などに駐車して

シャトルバスで現地へ向かう。

もしくは、「佐賀市役所東」などに停めてJRで現地に向かう方法があります。
 

これらの方法のは、車を止めてからの時間はかかりますが、

会場に直接到着しますから、
嘉瀬川河川敷駐車場から徒歩でいくよりも長距離を歩かずにすむメリットがあります。
 

バルーン撮影時のちょこっとアドバイス

もし、今回おすすめした撮影場所に行くことができなくても、

約100機のバルーンが
一斉に色んな方向に飛びますから予定の場所から離れていても大丈夫です。

それよりも、ズーム機能がしっかりしたカメラをお持ちすることをおすすめします。

逆に、気象条件が良ければ、サービス精神の旺盛な人は真上まで来てくれたりしますから、
その時にバーナーの点けたり消したりするカメラチャンスを物に出来ますよ。
 

それと、バルーンは、ゆっくり動くと思いがちですが、
結構早く上昇するので、慣れないとファインダーから外してしまうかもしれません。

ばっちりカメラにおさめるためには、
三脚にカメラを着けた状態でのカメラ移動を練習しておいたほうが良いですよ。
 

バルーンは必ず「一斉離陸」とはかぎらない!

写真撮影をするなら、バルーンの一斉離陸!

一斉離陸でバルーンが作り出す幻想的な景色を楽しみたいですよね。
 

でも、バルーン競技は必ず一斉離陸が行わるわけではないんです。

しかも、一斉離陸が行わるかどうかは当日でないと分からないんですよ。
 

バルーンフェスタで行われるバルーン競技は大きく2つに分けられます。

会場からの一斉離陸
 (ローンチサイトから会場外(数km先)のターゲットに向かって飛び立つ競技)

会場外から会場内へのフライイン
 (会場外(数km先)からローンチサイト内のターゲットに向かって飛んでくる競技)

この2つの競技のどちらにするか、もしくは競技中止にするかは
競技開始予定時間の直前に開かれるブリーフィングによって決定されるのです。
 

ブリーフィングとは、競技本部の気象班の情報を元に、
競技委員長と競技者が、飛ぶか飛ばないかや競技の内容を協議することをいい、

競技が会場からの「一斉離陸」に決定されたり、
会場外からの「フライイン」に決定されたりするのです。
 

一斉離陸であれば、競技開始後30分程度で約100機のバルーンが一斉に飛び立ちます。

フライインであれば、競技開始後1~2時間程度で会場に次々とバルーンが飛んできます。
 

ブリーディングで決定された競技内容については、会場でのアナウンスされますが、
そのほか、公式webサイトやtwitter、Facebookでもお知らせしますので、

当日は必ず確認するようにしましょう!

【公式webサイト】http://www.sibf.jp/
【公式twitter】  @SIBFO
【公式Facebook】http://www.facebook.com/sibf.jp

そして、写真撮影の予定日の天候を前もって確認しておくことが大事ですね。

雨はもちろんですが、風の状態もしっかりチェックしておきましょうね。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あなたの初めての写真撮影の参考になりましたでしょうか。
 

それと、撮影日は朝早くから行動することになるでしょうから、
会場近辺には、24H営業のマックスバリュ佐賀西店がありますので

朝食の調達に便利ですよ。
 

では、素敵な写真が撮れることを祈っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大分の夏休みイベント!道の駅やよいで子供とヘラクレスに会おう!!

お子さんが夏休みに入りましたね。   でも、私たち大人には、 夏休みなんてものはなく、毎日、忙しく働いていることと思います。 本当にお疲れさまです。   でも、せっかくの夏休み中で …

お歳暮で人気の高級お菓子7選!!相場やもらって困るお菓子もご紹介

年末が近づいてきましたね。 年末はクリスマスなど多くのイベントがあって、忙しくなる月です。 12月は師が走る”師走”って言うぐらいですからね(笑)   その12月の行事の1つに「お歳暮」があ …

お彼岸におはぎや牡丹餅をお供えする理由と違いやマナーをご紹介

敬老の日のプレゼントは誰がする?祖父母におすすめな贈り物は?

こんにちは 今年の敬老の日は、何日だかご存知ですか? 今、この文を書いているのが2017年なので、今年は9月18日が敬老の日です。 敬老の日は、毎年、日付が変わるので注意してくださいね。   …

佐賀バルーンフェスタの無料駐車場は大変?穴場とアクセス方法を紹介

佐賀バルーンフェスタへ行こうと予定を立てていらっしゃるなら、 会場へのアクセス方法ってかなり重要です。 佐賀バルーンフェスタの来場者数は年々増加していて 昨年が131万人でしたから、今年はそれ以上来場 …

最近のコメント