Close to life

あなたの生活に役に立つ情報を発信していきます

クルマ

水没した車の修理に保険は使えるの?車両保険は災害で使える?

投稿日:2017年8月3日 更新日:


こんにちは。

秋は、「食欲の秋」「読書の秋」「運動の秋」と
さまざまことを意欲的にすることができる、素晴らしい季節ですよね。
 

でも日本には、秋の訪れと共に台風も頻繁に上陸するようになってきます。

その、荒れ狂う台風によって、木や街灯が倒れたり川が溢れたり道路が冠水したり。
 

天気予報を見ていて、台風の予報円が自分住んでる地域に入っていると
「来ないで~」と願うんですけど、

運悪く台風がやってきて、しかも自宅の前が冠水して
自分のマイカーが水没してしまったとき、とてもショックだと思います。

まだ、ローンだいぶ残っているのに、どうしようかと考えますよね。
 

でも、落ち込む前に1つ確かめた方がいいことがあります。

あなたの車はどんな内容の保険に入っていますか?
 

もしかすると、
加入している保険の内容によってはマイカーは保険で修理することが出来るかもしれません。

そこで今回は、台風でマイカーが水没してしまったとき
どのような保険なら、使って修理することができるのかをお話したいと思います。

スポンサーリンク
  

車が水没してしまったとき修理に保険は使えるの?

あなたが車を購入したとき、

おそらく、その車を購入したお店か、
もしくはお付き合いのある保険屋さんで自動車保険に加入したと思います。
 

そのとき、自動車の保険の内容を相談されてると思います。

例えば、対人が無制限で対物が2000万とかです。

なんとなく記憶がありますよね。
 

その相談された内容の中に”車両保険”という保険の種類があるはずです。

車両保険とは、ざっくり言うと「自分の車を修理する為の保険」なんです。
 

この保険に加入されているかどうかは、
保険会社からもらっている”保険証券”に書かれています。

もし、すぐに保険証券が見つからない場合は、
あなたが保険に加入されたお店に問い合わせてみるとすぐにわかると思います。
 

加入されている場合、車両保険の欄に、さらに細かい種類が明記しています。

車両保険は大きく3つに分けられて、「一般条件」「車体者+A」「限定A」です。
 

そのどれかが、記載されていると思いますが、
今回のように台風でマイカーが水没した場合は全ての種類で適用可能です。

なので、あなたは車両保険にさえ加入していれば、
保険でマイカーの修理ができるってことなんですよ♪

車両保険に加入されていた、あなたはさすがですね。
 

ただ、確かに保険で修理を行うことはできるんですけど、
必ず、修理費用の全額を保険が負担してくるわけではないんです
 

保険で支払われる金額には、ルールがあるんです。

そのお話は、次の項目でしたいと思います。
 

水没した車の修理に保険が使えたとしても・・・

台風でマイカーが水没したとしても車両保険さえ加入していれば、
保険を使って修理費用をまかなうことができます。
 

突然ですが、ここで質問です。

・あなたのクルマの車種は何ですか?
・新車から何年経っていいますか?
・今の走行距離はどれぐらいですか?

 

なぜ、こんな質問をするのかというと、お使いの車の車種や使用年数、走行距離によっては修理費用の全額は出なくなることがあるからです。
 
これは、水没に限らず言えることなのですが、
車両保険を使う場合、その車の状態によって支払わる上限金額が決まっています。
 

その金額は、契約する車両の年式や種類によって
保険会社が「時価(車両価格)」を設定して決められているのです。
 

スポンサーリンク

例えば、300万円で購入した新車も、
2年3年と時間が経つにつれて車の価値も下がっていきますよね。

そうすると、新車時に300万円の価値があると判断されれば、
300万円までの保険金が支払われるんですけど、
 

3年後に車の価値が下がって200万円の価値しかないと判断されると、
保険金は200万円までしか支払われないということです。

そこで、もし車が水没して修理費用が
250万円かかるとしたら50万は実費で支払うしかないってことなのです(泣)

車両保険って、こんな仕組みになっていたんですね。
 

車両保険に加入していても、お金を払わなくてはならないこともありますが、

仮に、先ほどのお話の場合、もし車両保険に加入していなかったら
250万を全額負担することになってしまいす。
 

ですから、やっぱり車両保険はあなたの強い味方になるといえますよね。
 

台風以外で車が水没したら車両保険は使えるの?

これまで、お話してきたのは、

「あなたのマイカーが水没したとき車両保険は使うことができますよ」というお話でした。
 

では、車両保険は台風以外の地震や津波など、
他のすべての天災が起こったときに使うことができるのか?なんですけど、

じつは、そうではありません。
 

車両保険は、同じ天災による被害であっても、使えるパターンと使えないパターンがあります。

そのパターンは、このように分けられます。

・車両保険が使えるパターン
台風・洪水・高潮・ゲリラ豪雨など

・車両保険が使えないパターン
地震・噴火・津波など

 
このように分けることになります。
 

ですから、最近、頻繁に起こっている

地震や地震によって津波が起こって、
もしマイカーが損傷してしまったとしても残念ながら車両保険は使えません
 

では、地震や津波が起こってマイカーが損傷したとき使える保険は存在しないのでしょうか?
 

実は有ります。

当然、どうやっても車両保険は使えないのですが、
地震や津波でも修理費用を出すことができる保険特約があるんです。

それが、「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」です。
 

この特約を保険契約時に付けておけば、
地震や津波でマイカーが全損したときに保険を使うことができます。

ただし、この特約は、車両が全損になった場合のみに50万円もしくは50万円以下の車両保険の上限までとなっています。
 

つまり、最高で50万円。さらに車両保険の金額は40万円なら40万円までしか保険金が支払われません。

車両保険と比べたら、ちょっと内容がさみしいですね。
 

でもこの保険は、車両保険の保険料が年間数万円かかることがほとんどなのに対して、
年間の保険料は5000円程度ですから、しかたがないかもしれないですね。

もし、災害に合われた時に0円よりまし、程度にお考えください。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 

災害には、合わないのがもちろん良いですが

もし、マイカーが水没しても、
車両保険はしっかり使えることがお分かりいただけましたでしょうか。
 

それと、通常、事故などで車両保険を使った場合は等級が3等級ダウンしますが、

水没で車両保険を使った場合、
1等級のダウンと1年間の事故あり割引率の適用となりますので

翌年の保険料は、事故して使うのと比べれば安いのでありがたいですね。
 

最後に、まだまだ地震や台風、ゲリラ豪雨が頻繁に起こってますから
マイカーも大切ですが、もしもの時は命を守る行動を一番にとってくださいね
 

最後まで、読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-クルマ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

最近のコメント